マンション売却の査定・内覧の時に掃除の6つのポイント

マンション売却を決めたら、高く売るために少しでも自宅マンションを良く見せたいとお考えではないでしょうか?居住中の方は、現在の自宅マンションを購入希望者に見せなくてはいけませんから、

「査定に来る不動産屋に良く見せるために掃除はどれくらいやればいいのかな?」
「内覧希望者がうちのマンションにやって来る!キレイにしなきゃ!」

と考えていると思いますが、どの程度掃除すればいいのでしょうか?

まず業者の査定時には掃除は必要ありませんが、内覧時は徹底的にキレイにすれば、買いたい人が増えるというよりも、「立地や条件は理想に近いけど、汚いからやめておこう」という足切りに合う可能性が少なくなるため、結果として購入希望者が増えることにつながり、早く買い手が見つかることで売却価格にも確実に影響してくるのです。

では、どれくらい掃除をすればいいのでしょうか?本日はマンション売却の研究が趣味の私が、マンションを高く売却するための6つの掃除のポイントを徹底解説いたします。

業者のマンション査定時に掃除は必要か?

不動産業者への査定は、結論から言えば、掃除をしても、しなくても査定額に全く影響しません。なぜなら不動産業者はプロですから、マンションの部屋が散らかっていても、査定額に影響することはありません。

ただし、不動産業者といっても人間ですから、あまりに汚い家だと「このお客さん、だらしない人なんだろうな~」という印象を与えます。そして不動産業者はレスポンスの早い、しっかりしたお客さんを好みます(あたりまえですが)。不動産業者にだらしないと思われては、信頼関係を築けません。

マンションの売却は高額取引ですから、不動産業者とも良好な信頼関係を築いておくべきです。なぜなら不動産業者にとっては物件(お客さん)は他にありますから、あまりに汚いといい加減な人間と判断され、後回しにされる可能性もあります。

また、査定額をもらい不動産業者と媒介契約を結べば、すぐに販売開始です。いつ内覧会がはじまってもいいように査定前にある程度、不用品を処分したり、掃除をしておいたほうがいいでしょう。

査定時にキレイに整頓されていれば、不動産業者も「ずいぶんキレイに掃除されている。このお客さん、しっかりしているな~!」と感じてくれれば、やる気が不動産業者に伝わります。

査定額に影響することはありませんが、私の見解は査定前であっても、キレイに掃除を行い、不動産業者と良好な関係を築くことです。

そして査定の段階で不動産業者に「掃除をしたんですけ、内覧に向けてアドバイスくれませんか?」と聞いてみましょう。プロの目からみて、掃除が足りない場所や内覧者がよく見るポイントなど聞くといいでしょう。

では次に内覧のための掃除のポイントを説明します。

内覧会のためにマンションをキレイにする6つのポイント

ポイント①不用品は全て捨てる

マンション売却を決意しているのですから、いつかは買い手が決まって引っ越しを行うのですから、この際、不用品や将来買い替えを考えているものなどは、全て捨ててしまいましょう。

捨てたほうがよいものとは?

✔読んでいない本や書籍
✔聞いていないCD・DVD
✔子供の玩具や人形
✔使っていない家電用品
✔着ていない衣服
✔使わない食器類
✔使わない布団類
✔興味のなくなった趣味のもの

目指すのは、モデルルームのようなシンプルで開放的な空間です。もちろん生活しているのですから、完全には無理ですが、不用品を一気に捨ててしまうことで、印象もだいぶかわります。何より掃除が楽になりますので、まずは捨てれるものは処分してしまいましょう。

ポイント②第一印象は玄関から!

 

玄関は第一印象を決めるポイントですから、徹底的にキレイにします。水ぶきしてホコリなどがないようにします。

傘や靴も整理整頓をしておきます。履かない靴があれば捨ててしまいましょう。また汚い靴やサンダルもマイナスなイメージですから、処分してしまいましょう。無駄に使い捨ての傘がたまっている場合も同様に処分します。

玄関は臭いも気を付けるポイントです。住んでいる人には気づきませんが、その家庭の独特の臭いがするものです。

玄関の臭いの対処法

・換気をして風通しをよくする
・防臭剤や芳香剤をおく
・臭い靴があれば捨てる

玄関は、見学者が確認する最初の場所ですから、キレイに掃除をしましょう。

ポイント③リビングは広く見せる!

 

リビングは広く見せるために、不要な家具は捨ててしまいます。そしてフローリングはワックスをかけましょう。リンレイから「オール」というワックスが600円程度で売っていますので、ピカピカに磨きます。

◆リンレイのオール

(画像引用:リンレイ

見学者はリビングを見て購入意思を固めることが多いですから、ポイントは

・リビングを広くみせる
・フローリングはピカピカに
・生活感を極力なくす!

です。例えあまりリビングが広くない場合でも、不用品を捨てて家具の配置を変えるだけでも、印象がずいぶんかわりますから、模様替えを行って、家具の位置をためしてみましょう。

目指すべきはモデルルームのような印象です。生活感を少なくして、広く清潔に見せるのがポイントです。

ポイント④最も重要なポイントは水回り

 

内覧の重要なポイントであげられるのは水回りです。マンションの水回りには以下の4つがあります。

(1)トイレ
(2)洗面台
(3)お風呂
(4)キッチン

休日にでも、夫婦でまとめて掃除してしまい、ピカピカにしてしまいましょう。特に水垢の除去や排水溝回りの髪の毛などは、百円ショップやドラッグストアで、水回り用の洗剤や道具を買ってきて、徹底的に掃除します。水回りの掃除にはクエン酸がおススメです!

◆クエン酸は水回りの掃除に最適!

・水垢の分解作用
・消臭効果
・抗菌効果

クエン酸とは、梅干しやレモンに含まれるもので、抗菌と消臭効果が高いので、水回りの掃除に最適な洗剤です!

※画像準備中

 

写真のように「霧吹きタイプ」のものを買いましょう。300円程度で売っています。

ポイント⑤押し入れや収納の中もキレイにする

 

内覧会の際に、とりあえず押し入れや収納に物を詰め込んで、マンション内をキレイに見せようと考えるのはやめましょう。なぜなら内覧会の時に、押し入れをのぞく買主もよくいるからです。

購入希望者は、まず間取りや収納の大きさを把握したいので、押し入れや収納の中を必ず見られるという意識をもちましょう。

ポイント①と少し重複しますが、まずは押し入れ内には、使わないものが多く入っていると思いますので、処分できるものは処分します。

押し入れや収納は、取り出しやすいよう

もし、いろんな物が雑然と詰まっているようでしたら、段ボールでもかまいませんので、箱に入れて、まとめて取り出しやすく収納しましょう。少し早いですが、マンション売却後引っ越すことになるので、先に段ボール詰めをしてもよいでしょう。

ホコリをキレイに取る

箱につめて、取り出しやすいように収納がまとまったら、押し入れから全てモノを出してしまい、掃除機でホコリを隅々までキレイにとりましょう。

カビがないか確認する

カビが発生してないか確認します。カビの対処は重要です。もし見学者が押し入れを開けた時にカビ臭さがあれば、そのマンションを買うことは絶対にないからです。もしカビが生えていれば、漂白剤を使って、カビを除去します。その際、マスクやメガネ・手袋が必要です。

 

押し入れの中は購入意欲の高い見学者ほど、必ず確認しますから、押し入れや収納の中も手を抜かずに徹底的に掃除します。

ポイント⑥ベランダは購入の決め手になることも!

 

見学者は必ず、ベランダに出て確認します。ベランダの景観は、マンション購入の大きなポイントになりますから、その景観をフルに活かすためにもキレイにします。ベランダは内覧見学者への加点のポイントになります。

✔窓は汚くないか?
✔枯葉や虫の死骸などないか?
✔窓の鍵部分など汚れがないか?
✔植物など手入れされているか?

ベランダがごちゃごちゃしていると、景観が良くても印象を悪くしてしまいます。景観を確認している時に不快な思いをさせないようにしましょう。

汚れがとれない、掃除が面倒という方はハウスクリーニングも!

内覧の掃除のポイントを紹介しましたが

「汚れがぜんぜん取れない」「掃除は苦手だし、面倒だ」

という方は、ハウスクリーニングを検討してみてはいかがでしょうか?
相場を以下の表にまとめておきました。

ハウスクリーニング相場表

 

上記の表、全てをハウスクリーニングで行ったとしても10万円以内です。ただしハウスクリーニングを使う場合は、せめて先にあげた「ポイント①不用品は捨てる」だけは自分たちで行いましょう。

 

しかし、粗大ゴミの日にタイミングが合わなかったり、自分たちで捨てるのが大変という場合は、不用品回収業者に依頼します。不用品が多い場合は、詰め放題パックが便利です。

不用品の詰め放題相場

・軽トラックに詰め放題プラン   8,000円程度
・2トントラックに詰め放題プラン 30,000円程度

運び出しも手伝ってくれるので、これらのサービスを利用して一気に不用品を片付けをしよう。

ハウスクリーニングについて詳しくはこちらの記事をご覧ください → マンション売却時にハウスクリーニングをした方が良いのか?

古いマンションはリフォームをした方がいいのか?

マンション売却時には、リフォーム費用を回収できる保証がないため、リフォームしないのが通説ですが、私の考えは少し違います。

もし、マンションが築20年以上であれば、リフォーム金額を50万円を限度にリフォームをした方が高く売れます。実は50万円あれば、フローリングやトイレまでリフォーム可能なんです!

詳しくは、以前のリフォームについての記事をご覧ください。

おすすめ記事:マンション売却前に50万だけリフォームして高く売れた友人の話

マンション売却の内覧時の掃除のまとめ

いかがでしたか?本日はマンションを高く売却するための、掃除のポイントを解説いたしました。結論だけいえば、徹底的に掃除を行い、見学者の印象を良くすることは、後になって、100万円もかわってくる場合もあります。

もし、これから不動産業者を呼んで査定を検討するところでしたら、1社で決めないで複数の会社に見積もりをとるようにしましょう。

なぜなら、内覧の掃除でマンション売却金額が最大100万円かわることもあるとしたら、良い不動産業者を選べれば300万円も、売却金額が変わる可能性があるからです。

不動産業者を探すなら、マンションの一括査定サービスが簡単ですよ!

マンションを高く売るには、一括査定サイトを使うのは常識です!

マンションを高く売るためには、まず不動産業者複数社に査定をしてもらいましょう。業者側からみても、一括査定がもはや一般的になったため抵抗がありません。 そして何より不動産業者1社だけと契約するより、複数の業者と一般媒介契約を結ぶのが一番高く売れる可能性が高いのです。
 
私がおススメする無料一括査定サービスは”イエイ”!
不動産業者1社だけに連絡を取り、査定額を依頼するより、3社以上から査定をもらった方が、マンションが高く売れる可能性が高くなります。
A社の査定額 2,500万円△
B社の査定額 2,800万円◎
C社の査定額 2,380万円△
D社の査定額 2,700万円○
B社の査定額は、C社より420万円も高い!複数社に査定をお願いするだけ、マンションが高く売れる可能性が高まる仕組みが無料の一括査定サービスなんです。

ABOUTこの記事をかいた人

40歳の家族持ちのシステムエンジニア。20代の時にマンションの買い替えを失敗し、400万円も損した経験があり、それをキッカケにマンションの業界調査に没頭。実体験や取材を重ねて、当ブログを執筆。