一括査定を使って中野の自宅マンションを査定してみた

二人目の子供が生まれ、10年前に3800万円で購入した2LDKの中野(東京)の中古マンションも手狭に感じることも大きくなりました。そろそろ自宅マンションの住み替えを検討しています。

買い替えを計画するにも

「自宅マンションのだいたいの売却額がわからないと、計画がたたない!」

築年数20年を超えたマンションだし、相場だと3500万円くらいだけど、実際はどれくらいだろうか?残りの住宅ローン分は売却金額でまかないたい!じゃないと新しいマンションも買えないし!よしまずは

「自宅マンションを一括査定に出してみよう!」

昔だったら、自分で複数の不動産業者に行ったり大変でしたが、今は一括査定サービスというインターネットサービスが普及しているから、便利な時代になりました。今時マンションの売却するには、高く売れる可能性がある一括査定サービスを利用するのは当たり前ですから!

そこで、マンション売却の査定サイトは、いろいろありますが!不動産の相談をするなら安心できる最大手のサイトがいいに決まってます。(だって、小さいサイトとか不安ですよね~)

一括査定でも、業界で一番加盟店が多く、歴史の長い一括査定大手イエイというサービスを使ってみました。(こういう時は大手が安心ですよね。)

結論から言えば、イエイで一括査定サービスを使って6社に査定依頼を出しましたが、査定予想額の3500万円、を超えた査定会社が3社もありました!

◆無料の一括査定サイトの「イエイ」

yeay

筆者は、まだ一括査定サービスを使ったことがないので、今回は一括査定サービスを使って、どんな査定額が出てくるのか潜入調査してみました!

まずは、一括査定サービスの申し込みです!

一括査定サイト申込はクリック中心でわりとカンタン

どんな情報を入力するのかな~と思いましたが、意外に項目は多かった印象ですが、ほとんどが選択項目で入力しやすく、ちゃちゃっと入力できる印象です。

では、時系列で紹介いたします。

◆まずは物件のエリアなどを入力!

まずは自宅マンションが東京の中野なので、ササッと入力しました。

1

①物件のタイプ <--筆者は分譲マンションを選択

②都道府県   <--筆者は東京を選択

③市町村区   <--筆者は中野区を選択

④エリア    <--筆者は南台を選択

◆マンションの情報を入力

次に自宅マンションの住所や”占有面積””間取り”の入力です。ここは嬉しいのが「だいたいでOKです。」という文言。住んでしまうと、平米数とか忘れますからね~。私は事前に調べておいたので、これもササッと入力しました

2

①番地       <--筆者のマンションの番地を入力

②建物名      <--筆者の建物名を入力

③現在この建物にお住まいですか? <--筆者は”YES”と入力

④建物(占有)面積 <--筆者は55㎡(16.5坪)を選択

⑤間取りは?    <--筆者は2LDK選択

⑥築年数は?    <--筆者は1996年(平成08年)を選択

⑦あなたのと査定物件の関係    <--筆者は私が名義人を選択

◆アンケートの入力

そして次は、アンケート画面が出てきました。これは全部クリックで入力できるカンタンな項目です。確かに査定する不動産業者も、あらかじめこういう情報を知っておいた、認識のずれがないですよね!そしてそして傾向に”多少時間がかかったとしてもできるだけ高く売却したい(仲介)”を選びました。

アンケートの最後に筆者は机上査定を選択!

3

①物件の現状 <--筆者は居住中を選択

②査定理由 <--筆者は住み替えを選択

③希望など <--筆者は”いい物件があれば紹介してほしい”を選択

④傾向 <--筆者は”多少時間がかかったとしてもできるだけ高く売却したい(仲介)”を選択

⑤査定方法 <--筆者は”机上査定”を入力

⑥要望・質問など <--未入力

◆お客様情報の入力

そして、名前や電話番号の入力です。これはササッと入力してしまいます。

4

①姓・名 <-ー筆者の姓名を入力

②年齢  <--筆者の年齢を入力

③携帯電話 <--筆者の携帯電話番号を入力

④メールアドレス <--筆者のメールアドレスを入力

メールアドレスは必須ではないのですが「電話よりメールで連絡もらえるといいなー」と思った筆者は、メールアドレスも入力しました。

◆査定会社を選択!

おお!こういう仕組みなっているのか!自分で不動産業者を選べるだ!しかも「三井」や「東急リバブル」など聞いたことある大手が多い!これはやっぱりこういう大手が加盟店なのでイエイで安心です。安心だ、しかも複数の不動産業者に同時に査定依頼出せるから、めちゃくちゃ楽!

6

12社全部選択しようとしたら、それはできず6社までです。

マンションを高く売るためには、多くの業者から査定をもらううのは基本中の基本ですから、筆者は最大の6社を選択しました。そして、その6社の配分も

大手の不動産業者4社(A社、B社、C社、D社)
地域の不動産業者2社(E社、F社)

という選択をしました。大手は安心ですが、地域の不動産業者も高い査定額を用意するかもしれませんし、ひょっとしたら地域の買手情報を持っていて、高値で売れるかも!って期待もありますからね!

◆入力終了!

下記画面が出てきて終了です。所要時間はだいたい3分くらいだったと思います。

7

入力したのは、深夜の12時ですから、明日から連絡が届くぞ!査定結果が楽しみ!ここまで入力を終えて、寝ることにしました。

自宅マンションの査定結果が届いた!

翌日の10時にすぐに各社から、査定結果が届きました。

筆者としては、築20年過ぎの物件とはいえ、都心のマンションですから、購入金額から300万円マイナスの3500万円を基準に考えておりました。

そうしたところ、

8

なんと嬉しいことに大手2社と地域の1社が3500万円を超えた査定額を出してきました!

地域のE社との電話でのやりとり

一番高い査定額をつけた、E社から後日電話がかかってきました。

E社の担当者「もしもし、E社のTと申しますが○○様の電話で間違いないでしょうか?」

筆者「はい、○○です」

E社の担当者「先日は査定依頼ありがとうございます。先日お送りした査定額はいかがだったでしょうか?」

筆者「数社に査定依頼したのですが、御社が一番高値でした。本当にそんな高値で販売できるのですか?」

E社の担当者「はい、弊社は中野や渋谷エリアに特化してやらせてもらっており、同じマンションでの販売実績があり、その時は8階だったのですが、3800万円で販売した実績があるので、今回は3階ということで、この値段をつけさせていただきました。」

筆者「なるほど、8階は3800万円で売れたんですね」

E社の担当者「はい、弊社は〇〇様のマンションの販売をした実績がありますが、実地で査定を行って、より正確な査定をさせてもらうため、お伺いさせていただけないでしょうか?」

筆者「少し考えさせてください、他の会社からも査定依頼を貰ってますので、こちらから折り返しご連絡いたしますね」

と、言ったところ、さほど勧誘にしつこくもなく、電話を切りました。結構しつこく勧誘されるのかなーと思っていましたが、意外にサラッとしていましたね。

一括査定サービスの使ってみた感想

一括査定サービスのポイント
・査定額は各社バラつきがあることがわかった!
地域の不動産業者を知ることができた!
・すぐに連絡が来ると思ったけど、会社によってバラつきがある!
・6社を総じて、だいたいの相場価格をつかむことができた!

結局、この後の実地査定はお願いせずに、机上査定を6社にもらったところ、うちのマンションの相場は3300万円~3600万円くらいだということがわかりました。しかも中野区に強い不動産業者のE社のように「同じマンションを売った実績がある」という業者を見つけることができたので、大きな成果です!

ーー>今回利用した一括査定サイトの「イエイ」

yeay

マンションの販売するときは、高値をつけてくれた大手の2社と、この地域に特化した業者の3社に「一般媒介契約」を結んで3社と同時に媒介契約をしようと思います。