マンション売却の仲介手数料が無料の理由とは?

通常のマンション売却の際は不動産業者に仲介を、お願いするわけですから、仲介手数料がかかります。もしマンションの価格が2000万円なら、マンション売却にかかる仲介手数料は最大約71万円です。売却金額の3.24%にあたります。

マンション売却の手数料は安く抑えたいですよね。でも最近は仲介手数料が無料や半額といった不動産業者もでてきております。なぜそんなことができるのでしょうか?それは買主からは仲介手数料をもらいますが、売主の手数料は無料にするビジネスモデルだからです。

そしてそういった不動産業者は、店舗をもっていなかったり、広告費などを極限まで抑えることで、手数料をゼロ円を実現しています。

それでは、マンション売却の研究家の私が昨今はやりの仲介手数料が無料の不動産業者を紹介いたします。

手数料無料の仕組みの前に「両手」と「片手」を解説

まず、仲介手数料無料の仕組みを理解する前に、不動産業界の用語の「両手」と「片手」を理解する必要があります。ここで言う両手や片手とは、仲介手数料を売手と買手の双方、あるいは片方からもらうことです。

◆両手とは?

両手とは、不動産業者がマンション売却する「売手」と、購入する「買手」の両方から仲介手数料を受け取ることです。この形が不動産業者は仲介手数料が両者からもらえるので、もっとも喜ぶ形になります。

◆片手とは?

上記のように不動産売買において、不動産業者が2社存在し、それぞれが売手と買手を抱えており、不動産業者は片方からしか仲介手数料をもらえない状態のことです。

 

このように、不動産業界では両手がもっとも旨みがあるとされ、業者は極力売手も買手も、自分で見つけようとするのです。ですから悪い不動産業者の場合、他の不動産業者に物件情報を流さず、売手のマンション売却金額を下げてでも、両手の取引の形に持っていこうという業者があるのです。

では、この両手と片手を踏まえて、手数料が無料の不動産業者とは、どのような仕組みなのでしょうか?

マンション売却の仲介手数料が無料の仕組みとは?

マンション売却の不動産業者の収益は、仲介手数料によるものですから、なぜ仲介手数料が無料という形が可能になるのでしょうか?それは下記の図のように、本当だったら両手が可能なのに、片手しか受け取ってないから、可能なのです。

◆マンションを売却したい売手がお客様の場合

また、その逆の買手が、手数料無料の場合も当然あります。つまりお客様が売手の場合なら、買手を探して、買手からのみ手数料をとります。お客様が買手の場合は売手を探してきて、の売手からのみ手数料を無料にするビジネスモデルです。

◆上記とは逆で買手がお客様の場合

この業者でも手数料を無料にできない場合があります、それは片手の場合、つまり不動産業者を使って、売手や買手を見つけた場合です。その場合は半額になります。

◆売手の仲介手数料が半額の場合

上記のように、買手を自分たちで見つけれない場合は、買手をほかの不動産業者に紹介してもらう場合は、無料ではなく半額になります。

◆買手の手数料が半額の場合

このパターンも同様に、自分たちで売手を見つけることができないため、買手からは仲介手数料を半額もらう形になります。

 

これらの手法は、昔の不動産業界では考えられない方法でした。

「なんで他の不動産業者はこの方式でやらないの?」

と思われるかもしれませんが、不動産売買には店舗のコスト、人件費、広告費などあらゆるコストがかかりますから、話はカンタンではありません。

しかし、最近はインターネットを活用して店舗を構えず、スタッフや広告費を最小限に抑えることが可能な時代です。ですから企業努力でコストを大幅削減することで、マンションの売主からは仲介手数料をもらわない形が可能なのです。

ですから、昔からの不動産業者をやっている会社が、この方式に方向転換するには、店舗やスタッフやシステムなど抜本的な改革が必要で、ほぼ不可能です。だからこの手数料無料の方式を行う企業のほとんどは最近の新しい不動産業者ばかりです。

またこの手数料無料の方式は、1回あたりの取引の売り上げが他の会社の半分になりますから、契約の件数を増やす必要があります。そのため一人のお客様にあまり手間をかけれないとの批判や評判が業界ではあるようです。

しかし、筆者はこの点に関しては「担当者次第」と思います。つまり仲介手数料無料の業者にも、手厚い良い担当者もいれば、そうではない担当者もおり、その状況は通常の不動産業者となんら変わりがありません。

ですから、もし仲介手数料無料の方式の業者を探すのでしたら、複数の業者の話を聞いてから業者を選んだり、あるいは一般媒介契約を結んで同時に複数の業者と契約を結ぶのがよいでしょう。

仲介手数料無料の業者で気をつけるポイントとは?

手続きや引き渡しのサポートがない業者

コスト削減のため、手続きや引き渡しに立ち会わない業者もいるという噂を聞きました。不動産取引は、様々な手続きを行いますから、こういったケアをしてくれないとなると、大きな問題です。ですから業者と話すときは、

「手数料が無料でも手続きはやっていただけるのですか?」
「通常の不動産業者が行う処理で、貴社が行わない事はありますか?」

など聞いてみましょう。

仲介手数料は無料でも、他の費用を請求する業者

事務手数料や、広告費、調査費用など別な費用を請求する悪徳業者がいるという噂も聞きます。「仲介手数料をいただきません!」というキャッチでお客さんを集客し、他の費用をあたり前のように徴収する業者は、間違いないく悪徳業者です。

こういった業者に騙されないように業者と話すときは

「仲介手数料が無料と聞きましたが、ほかにかかる費用はありますか?」

と事前に聞くようにしましょう。

マンション売却のための不動産業者を探す!

本日は、仲介手数料が無料の不動産業者を紹介しました。しかし実際にマンションを売却するとなると、まずあなたの住んでいるエリアに、手数料無料の業者がいるかを確認する必要があります。

また、本日説明したとおり、悪い業者もいますから、通常の不動産業者とあわせて話を聞くようにしましょう。複数の不動産業者から話を聞くのは、マンションを高く売るために最低限必要なことです。

そして複数の不動産業者をさがすなら、一括査定サービスが無料でカンタンですよ。

マンションを高く売るには、一括査定サイトを使うのは常識です!

マンションを高く売るためには、まず不動産業者複数社に査定をしてもらいましょう。業者側からみても、一括査定がもはや一般的になったため抵抗がありません。 そして何より不動産業者1社だけと契約するより、複数の業者と一般媒介契約を結ぶのが一番高く売れる可能性が高いのです。
 
私がおススメする無料一括査定サービスは”イエイ”!
不動産業者1社だけに連絡を取り、査定額を依頼するより、3社以上から査定をもらった方が、マンションが高く売れる可能性が高くなります。
A社の査定額 2,500万円△
B社の査定額 2,800万円◎
C社の査定額 2,380万円△
D社の査定額 2,700万円○
B社の査定額は、C社より420万円も高い!複数社に査定をお願いするだけ、マンションが高く売れる可能性が高まる仕組みが無料の一括査定サービスなんです。

ABOUTこの記事をかいた人

40歳の家族持ちのシステムエンジニア。20代の時にマンションの買い替えを失敗し、400万円も損した経験があり、それをキッカケにマンションの業界調査に没頭。実体験や取材を重ねて、当ブログを執筆。